鋳造品の強度や気密性、耐圧性などの調査検証にX線CTが利用されています。

鋳造品の現物形状をX線CTスキャン

 

鋳造部品の表面と内部の形状デ-タを取得します。

鋳造品の構造解析、汎用解析、分析等の解析用の形状データ作成。

鋳造品の鋳巣などの素材内部の欠損調査、内部の解析。

鋳造品の製品設計、金型設計、試作等のCAD製品モデルを作成。

 

X線CTスキャン

鋳造品表面形状、内部形状、内部構造を3Dスキャン。

鋳造品のブローホールの存在、孔、複雑なリブ形状データ採取。

鋳造品全体の形状データをCADで合成、モデリングします。

 

CADモデリング

鋳造品のソリットモデルを作成します。(パラソリット系向け)

鋳造品サーフェスモデルを作成します。(サーフェス系 向け)

料金 形状、サイズ、データ内容により変動します。

 

 

 

鋳造品(casting )

鋳造品は金属内部に残る 気泡、気孔、肉厚部や肉厚の 急激な変化によって、鋳物内部など、内壁面に空洞が荒く現れる。凝固収縮による欠陥、鋳物の表面にできる外引け、内部にできる内引けなど、調査するには、X線CTを利用されています。