現物からCAD作成のリバースエンジニアリングプロセス

HOMEリバースエンジニアリングの概要

3DスキャンからCADモデリングまでのプロセス

形状を3Dスキャンします。

非接触式(光学式)

・ツインカメラ方式(2台のカメラ)

・寸法精度0.04~0.29(パタ-ン投影)
・詳細

X線CTスキャン

・密封した物の内形データ採集

・寸法精度0.02~0.05(繰返精度)

・詳細

接触式

・プローグの連続移動スキャン

・寸法精度0.02~0.05(繰返精度)

・詳細

分割スキャン座標点合成

各方向で取得データを合成しCADで3D形状に合成 (同座標点合成)

・詳細

スキャンデータからCADを作成します。

点群データ       ⇒

・座標点(形状により増減)

・ポイントデータ・点の集合体

・詳細

ポリゴン面作成    ⇒

・座標点を3点で結で3D面作成

・光造形、試作で利用可能

・詳細

サーフェス面作成   ⇒

・ポリゴンの上に面を作成

・解析、設計等で利用可能

・詳細

CADモデリング

・3DCADの製品モデル作成

・サーフェス・ソリッドデータ出力

・詳細

目的にあわせたソリューションを提供できます。

構造解析の形状データ

・CAE解析、汎用構造解析

・メッシュ作成用面データ

・詳細

研究、開発、設計

・既製品からのヒント

・他製品からのヒント

・詳細

デザインの検討

・意匠モデルのデータ化

・承認モデルのデータ化

・詳細

試作モデル

・モックアップデータ

・光造形用STLデータ

・詳細