自動車部品のデジタル化のリバースエンジニアリング

自動車ホーン部品、CAD化のプロセス

 

自動車部品の形状データを取得します。

構造解析、汎用解析、分析等の解析用の形状データ作成。

CADの製品モデル用形状データ作成。

検査、評価、インスペクション用、偏差値のカラーマップ作成。

 

 

CADモデリング

ソリッドモデルを作成します。(パラソリッド系向け)

サーフェスモデルを作成します。(サーフェス系 向け)

参考料金 7万~25万円 (形状、サイズ、データ内容により変動します。)

 

 

 

自動車ホーン

自動車が近づくことを音を使って他の通行対象に知らせるためにの保安用具。

操作している間のみ通電し電気的、電磁的に音を発生させ続ける。

平形ホーン・・・金属で出来た共鳴板、電気を流して磁力で共鳴させ増幅放出する。

渦巻ホーン・・・樹脂で内部が渦巻き形状になっている共鳴管が付いたホーン。

渦巻ホーンは、トランペットの管楽器と同原理で音が増幅、響きのある音が特徴。