ハンドルのリバースエンジニアリング

自動車ハンドル、CAD化のプロセス

 

自動車部品の形状データを取得します。

構造解析、汎用解析、分析等の解析用の形状データ作成。

CADの製品モデル用形状データ作成。

検査、評価、インスペクション用、偏差値のカラーマップ作成。

 

3Dスキャン(接触式・非接触式)

表面、裏面、側面、機構部の各方面からスキャンします。

アンダー(隠れている部分)及び裏側部分必要に応じてスキャンします。

自動車ハンドルの全体形状をCADで合成、3DCADモデリングします。

 

CADモデリング

ソリッドモデルを作成します。(パラソリッド系向け)

サーフェスモデルを作成します。(サーフェス系 向け)

参考料金 8万~15万円 (形状、サイズ、データ内容により変動します。)

 

 

 

 自動車ハンドル

乗り物の進行方向を任意に変えるためのかじ取り装置。

ステアリング機構を 操作し、回転させて進行方向を調整するための環状の部品。

ステアリングホイール中央部のスペースにはホーンボタンやエアバッグが装着

ハンドルは芯材が鋼やマグネシウム合金、表面材はウレタン樹脂等で作られる。

純正品では操舵力を軽減する目的で、外径が比較的大きめとなっています。