送風機ファンのリバースエンジニアリング

送風機ファン、CAD化のプロセス

 

各種ファンの形状データを取得します。

構造解析、汎用解析、分析等の解析用の形状データ作成。

CADの製品モデル用形状データ作成。

検査、評価、インスペクション用、偏差値のカラーマップ作成。

 

3Dスキャン(接触式・非接触式)

表面、裏面、側面、機構部の各方面からスキャンします。

アンダー(隠れている部分)及び裏側部分必要に応じてスキャンします。

送風機ファンの全体形状をCADで合成、3DCADモデリングします。

 

CADモデリング

ソリッドモデルを作成します。(パラソリッド系向け)

サーフェスモデルを作成します。(サーフェス系 向け)

参考料金 8万~15万円 (形状、サイズ、データ内容により変動します。)

 

 

 

送風機ファン

物体の速度を変化させる運動エネルギー与える 流体機械。

シロッコファン・・・多数小型の前向き羽根と筒と整風器をくみ合わせた構造。

サイレントファン・・・羽根はS字型、空気流入部分広く吸込口ベルマウス状広げた。

リミットロードファン・・・羽根は逆S字型、吸込気流が羽根同向き湾曲ベーンと組合。

翼型ファン(エアホイル状ブレード)・・・2枚の鉄板で翼型の羽根を形成したもの。 

後向きファン(ターボファン)・・・1枚の鉄板で後ろ向きの羽根を形成したもの。