製品解析用三次元形状データを作成

製品 ⇒ 3Dスキャン ⇒ 実物をCAD化のデータサービス

 

製品の実物形状をCAD化

製品をCADデータ化、再現精度カメラ式非接触スキャン0.05前後。X線CTスキャン0.01前後。

3次元スキャンデータから製品解析用の3次元のCADモデリングします。

3次元CADのソリット形状でデータ出力します。(サーフェスデータ又はパラソリットデータ)

 

各種解析に利用できます。

製品の変形解析、製品形状の構造的な性能の評価と最適化、構造解析、流体解析、樹脂製品の解析、成形解析、CAE解析、凝固解析、伝熱解析、破面解析、複屈折解析、完成製品と原図との誤差 etc.

 

 

リバースエンジニアリングデータを利用して製品の構造・技術を分析・調査・確認・解析して製品の開発等に利用されます。市販されている工業製品の解析は、原則として合法とされています。解析されたデータを基に、そのまま真似て製品とすることは問題があります。

CAEは、Computer Aided Engineering のそれぞれの頭文字を取った略称で、コンピュータの援用による 工学、設計開発は多くの企業で導入されております。設計やアイ デアの段階で実際の使用時に製品に起こると推定される現象がわかり、強度や安全性などの見直しが迅速にでき、製品開発のスピードアップが図れます。現物製品の解析には形状データをコンピュータに取り込み解析ができるリバースエンジニアリングの利用も広がりつつあります。高品質の工業製品開発には、温度、湿度、気圧、雨、風、日射等のさまざま環境条件を想定して試験や実験を繰り返して世界に評価される製品が開発されます。