リバースエンジニアリング技術,サーフェス面生成

サーフェス面を作成の内容

 

オートサーフェス                           

1、曲率に沿ってソフトウェア内で計算し、ベストのサーフェス面を作成します。

2、細かい面が連なったサーフェス面になります。曲線を元にサー フェースを作成していくナーブス面。

3、特徴線のない連続面で構成。4点で結ばれた連続の細かいで構成します。

4、点群に忠実のため、解析、形状評価等に適しています。インスペクション等で多く利用されています。

5、CADモデリングの参照面として利用できます。特徴線等を抽出してリバースCADモデリングの作成。

    

モデリング方式のサーフェス

1、ポリゴン面にラインを引き、曲率のエリア別にパッチ面を作成します。

2、CADモデリングに近い面ができます。サーフェスモデル及びソリッドモデル作成。

    

モデリングの作業中にモデリングデータが常時許容公差内で再設計されるように、定義した公差に基づいて、リアルタイムに偏差分析をしながらモデリングします。3次元測定から採取した点群データを基に、寸法の値や直角、平行といった図形同士の関係を決採取し、パラメトリック・モデリング方式や立体形状をCAD上で引っ張ったり押したりして形作っていくダイレクト・モデリング方式等を利用してリバース専用モデリングのソフトウェアーでリバースモデルを作成します。

  

採取したスキャンデータの座評点との離れをカラーマップで確認しながらモデリング