樹脂製インシュレーターをX線CTスキャンでCAD化

樹脂製インシュレーターの現物形状をX線CTスキャン

 

樹脂製インシュレーターの形状デ-タを取得します。

樹脂製インシュレータの構造解析、汎用解析、分析等の解析用の形状データ作成。

樹脂製インシュレータの流体解析、熱流体解析、静圧効率、送風特性調査用など。

樹脂製インシュレータの製品設計、金型設計、試作等のCAD製品モデルを作成。

 

X線CTスキャン

コーンビーム方式=Z方向に段差の無いデータを取得できます。

コーンビーム方式=X線CTスキャンの精度 20μm (0.02)

隠れている部分、アンダー部分、裏側部分もスキャン可能。

製品の全体の形状データをCADで合成し3Dデータを作成します。

 

CADモデリング

樹脂製インシュレーターのソリットモデルを作成します。(パラソリット系向け)

樹脂製インシュレーのサーフェスモデルを作成します。(サーフェス系 向け)

料金 形状、サイズ、データ内容により変動します。

 

 

 

樹脂製インシュレーター

インシュレータの意味は絶縁体を表しますが電気機器などの振動を遮断・吸収し,共振を防ぐための部品として使用されます。自動車内への振動や音を遮断するためにフロアやバルクヘッドに貼り付けられている遮音材や原動機、ギアボックスの振動を発する機械装置、機器を振動から守るために用いられる防振材。金属ばね、ゴム、シリコーン、ナイロン、ウレタン等弾性や塑性のある材料等もインシュレータといわれています。