プラスチック製品のリバースエンジニアリング

樹脂部品、CAD化のプロセス

 

樹脂部品の形状データを取得します。

構造解析、汎用解析、分析等の解析用の形状データ作成。

CADの製品モデル用形状データ作成。

検査、評価、インスペクション用、偏差値のカラーマップ作成。

 

3Dスキャン(接触式・非接触式)

表面、裏面、側面、機構部の各方面からスキャンします。

アンダー(隠れている部分)及び裏側部分必要に応じてスキャンします。

全体の形状データをCADで合成、モデリングします。

 

CADモデリング

ソリッドモデルを作成します。(パラソリッド系向け)

サーフェスモデルを作成します。(サーフェス系 向け)

参考料金 7万~15万円 (形状、サイズ、データ内容により変動します。)

 

 

 

プラスチック部品設計

プラスチック製品の成形には代表的な製法として射出成形があります。

プラスチック製品の設計には材料選択,成形品の性質,評価性がポイントにる。

プラスチック製品の強度は、寸法精度などによって製品の良し悪しが決定される。

パーツの冷却に伴って発生するヒケやボイドの変化を起こす性質を考慮。

パーツの品質と生産効率とのバランスを考え樹脂製品を設計を行う必要。