自動車パーツのリバースエンジニアリング

自動車エアーバック部品、CAD化のプロセス

 

自動車部品の形状データを取得します。

構造解析、汎用解析、分析等の解析用の形状データ作成。

CADの製品モデル用形状データ作成。

検査、評価、インスペクション用、偏差値のカラーマップ作成。

 

3Dスキャン(接触式・非接触式)

表面、裏面、側面、機構部の各方面からスキャンします。

アンダー(隠れている部分)及び裏側部分必要に応じてスキャンします。

エアーバック部品の全体形状をCADで合成、3DCADモデリングします。

 

CADモデリング

ソリッドモデルを作成します。(パラソリッド系向け)

サーフェスモデルを作成します。(サーフェス系 向け)

参考料金 8万~25万円 (形状、サイズ、データ内容により変動します)

 

 

 

エアーバック

ハンドルの中央部やダッシュボードに仕込、衝突を感知瞬時膨らみ衝撃を緩和。

膨らんだ袋体を用いて移動体の運動エネルギーを吸収、もしくは衝撃緩和する。

エアバッグは移動体の運動エネルギーを、ガスの運動エネルギーに変換し吸収

サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ・・・側面からの衝突に対応するエアバッグ。

ニーエアバッグ・・・膝にかかる衝撃を緩和するためのエアバッグ。