自動車ホイのリバースエンジニアリング

自動車ホイル、CAD化のプロセス

 

自動車部品の形状データを取得します。

構造解析、汎用解析、分析等の解析用の形状データ作成。

CADの製品モデル用形状データ作成。

検査、評価、インスペクション用、偏差値のカラーマップ作成。

 

3Dスキャン(接触式・非接触式)

表面、裏面、側面、機構部の各方面からスキャンします。

アンダー(隠れている部分)及び裏側部分必要に応じてスキャンします。

自動車ホイルの全体形状をCADで合成、3DCADモデリングします。

 

CADモデリング

ソリットモデルを作成します。(パラソリット系向け)

サーフェスモデルを作成します。(サーフェス系 向け)

参考料金 7万~15万円 (形状、サイズ、データ内容により変動します。)

 

 

 

 自動車ホイル

地面に接しているタイヤと動力を伝達する車の重要パーツ。

純正のスチールホイール・アルミホイールは硬くて丈夫につくられています。

動かす力は変速機などを経てホイールに伝わり、ゴム製のタイヤへ伝えられます。

制動は、止まる力がホイールからタイヤへと伝わりタイヤと路面摩擦力で止まる。

ホイールはブレーキで発生した熱を冷却する役割を担っております。