ターボファンのリバースエンジニアリングターボ型・シロッコ型のファンのリバースエンジニアリング

リバースエンジニアリング事例,ターボファン|3Dスキャン,3D測定,3D計測で実物形状をCAD化

 

ファンの羽根データを取得します。

構造解析、汎用解析、分析等の解析用の形状データ作成。

CADの製品モデル用形状データ作成。

検査、評価、インスペクション用、偏差値のカラーマップ作成。

 

3Dスキャン(接触式・非接触式)

表面、裏面、側面、機構部の各方面からスキャンします。

アンダー(隠れている部分)及び裏側部分必要に応じてスキャンします。

ターボファンの全体の形状データをCADで合成、モデリングします。

 

CADモデリング

ソリッドモデルを作成します。(パラソリッド系向け)

サーフェスモデルを作成します。(サーフェス系 向け)

参考料金 7万~12万円 (形状、サイズ、デ-タ内容により変動します。)

 

 

 

 

ターボファンについて

ターボ型ファンとは、主に遠心力を利用して送風を作るファンです。

遠心ファンは、ターボ型ファン・シロッコ型ファンの2つの種類があります。

シロッコ型は翼が短く枚数が多い構造、ターボ型は翼が長く枚数が少ない構造。

ターボジェットエンジン前取り付けて空気流量増やしパワーと燃費向上させる。

一般産業用送風、排風用ターボファン、空調機用両側吸込式ターボファン等。