ファン羽根のリバースエンジニアリング|3D測定、3D計測から実物をCAD化するモノ作りのリバースエンジニアリング

電気機器ファン、CAD化のプロセス

 

ファンの羽根データを取得します。

構造解析、汎用解析、分析等の解析用の形状データ作成。

CADの製品モデル用形状データ作成。

検査、評価、インスペクション、偏差値のカラーマップ。「インスペクションとは」

 

3Dスキャン(接触式・非接触式)

表面、裏面、側面、機構部の各方面からスキャンします。

アンダー(隠れている部分)及び裏側部分必要に応じてスキャンします。

ファン羽根の全体の形状データをCADで合成、モデリングします。

 

CADモデリング

ソリッドモデルを作成します。(パラソリッド系向け)

サーフェスモデルを作成します。(サーフェス系 向け)

参考料金 5万~10万円 (形状、サイズ、データ内容により変動します。)

 

リバースモデル出力ファイル形式

<3Dサーフェスデータ> IGESファイル (igs)

<3Dソリッドデータ> Parasoiidファイル (x_b) (x_t) STEPファイル(stp)

<3Dポリゴンデータ> STLファイル (stl)

 

 

 

 

 

 静温ファン・・・CPUは高発熱になり、強力なファンが数多く必要になります。

 静音化をすることは、冷却面では不利、内部の熱が高まる可能性があります。

 高風量・高静圧でありながらも,騒音と振動を低減したファンが静温ファンです。

 オーディオPC,医療機器など低騒音が求められる装置に利用してあります。

 

 DCファン・・・高風量・高信頼・低騒音の特長をもつDC ファン。直流電圧で駆動する

 モーターで羽根を回転させる事により、家電製品やOA機器 などの内部で発生する

 熱を外部へ排出し内部を冷却。サーバ通信機器など幅広い用途で利用しています。

 

 防水ファン・・・水のかかる場所で使用できる防水ファン。高湿度で使用する機器

 及び結露しやすい機器、産業機器配電盤等の冷却、ラジエータ、オイルクーラー、

 熱交換機器外気、内気循環、屋外用機器、屋外用ラック、室外機等に利用。

 

 防油ファン・・・遠心方向に風を送り出すファン静圧に優れ実装密度の装置用です。

 遠心ファン・・・オイルミストが発生する厳しい環境下の制御機器などに利用します。