オリジナルの製作者自身によって作られた作品の現物から複製品用データ作成

三次元測定測定・計測

3Dスキャン⇒点群⇒ポリゴン面⇒CADモデリング⇒レプリカの形状データ

 

レプリカ

複製品レプリカの製作は、主にシリコーン樹脂を用いて細部の凹凸に至るまで正確に型を取り、原資料に忠実な彩色を施して製作されています。デジタルデータが必要の場合は、オリジナル作品を3Dスキャン、採取した形状データからCADを作成します。CAD化により3Dプリンターなどのプロットタイピングでプリカの製作ができます。CADデータはデジタルデータとして保存が可能になります。

レプリカは博物館の展示用、資料館の参考資料や歴史学的な目的のために製作されます。本来のレプリカは原作者の手に成る一点または数点の正確な写しのこととされています。コピーや模写技術による複製とは区別されています。美術作品以外に自動車メーカが販売した車、高級時計、フィギュア、ジーンズ、スニーカーなど様々なものがあります。正規の複製品はコピーとして区別されています。

 

プリカを3Dスキャン点群データからポリゴン作成ポリゴンからメッシュ作成  CADデータ完成