リバースモデルデータはパラソリッドのファイル形式で出力できます。

三次元測定測定・計測

3Dスキャン⇒点群⇒ポリゴン面⇒CADモデリング⇒パラソリッド形式データ

 

パラソリッド

日本国内で販売されている3次元CADソフトウェアの約半数がParasolidを採用しています。Parasolidはオペレーティングシステムの中核を構成するソフトウェアです。ParasolidベースのCAD同士であれば、Parasolid形式(.x_t または.x_b)を介して3次元形状データを100%互換でやり取りすることが可能になります。工業製品の設計・開発工程を支援するコンピュータシステムでの解析ソフトやCAMソフトがParasolid形式に対応しています。Parasolidは、コンピュータ支援設計、コンピュータ技術を活用して製品の設計、加工用のNCプログラム作成などの連携性に優れています。

 

Parasolid系のCADはミッドレンジでは1,2を争う高機能と、汎用性を備えられています。構成要素を細かく理論的に調べる解析機能や工作機械に取り入られているCAMなどの次工程で使うソフトも豊富に供給されているため、 事実上の標準フォーマットの座を得たとされています。Parasolidはソリッドの受け渡しが得意で、 igesは主にサーフェスの受け渡しが得意な中間ファイルです。

 

現物の3Dスキャンデータ ⇒  ポリゴンデータ ⇒ ブーリアン集合演算 ⇒ ソリッドモデルデータ