リバースモデリングデータ作成

三次元測定測定・計測

3Dスキャン⇒点群⇒ポリゴン面⇒CADモデリング⇒リバースモデル完成

 

リバースCADモデリング

3Dスキャンで採取した点群データからポリゴンデータ作成、ポリゴンデータから3Dモデリングによる形状の作成は基本となる4つの作成方法の組み合わせでリバースモデル作成します。

 

押し出し・・3Dスキャンで採取したデータから2Dの断面形状を抽出し、ラインを押し出すことにより、垂直な体積のある形状を作成できます。例えば、円を押し出せば、ボスやリブができます。


回転・・・・3Dスキャンで採取したデータから2Dの断面形状を指定した軸を中心として回転させることで形状を作成できます。例えば、円を直径を軸に回転させることで、球にすることができます。車輪、ファンなどのなどの回転体のモデリングに利用します。

 

スイープ・・・3Dスキャンで採取したデータから抽出した平面に描かれた図形をある軌跡に沿って移動して立体化します。

 

ロフト・・・3Dスキャンで採取した断面ラインに描かれたスケッチを次の断面スケッチへと 繋いでモデリングを行うのに用いられます。接続部を滑らかに接続することができるため、デザインを伴う形状作成などにも利用されます。

 

3Dスキャンデータ ⇒  ポリゴンデータ ⇒ ライン等の抽出 ⇒ CADモデリング