リバースエンジニアリングのCADモデリングについて

3DCADをもちいて設計することを、CADモデリング作業と言われています。

 

リバースエンジニアリングのモデリングプロセス

①実物を3Dスキャン ②点群データ ③点群からポリゴン面を作成 ④ポリゴンからサーフェス面を作成

⑤サーフェスを参照してCADモデリング(円弧、フィレット、、曲面、ボス、穴、平面等の定義)

 

出力のデータ形式

IGES形式で出力 一般の3DCADで利用できます。

IGES形式からパラソリット形式に変換します。 ソリッド系のCADでも使用可能です。

 

サーフェスは、複雑な形状をもつ精巧な部品のCAD化向きです。 3次元スキャナで採取した点群やポリゴンデータを、スムージング、穴埋めなどのデータ処理を施し、特徴線等を抽出してモデリングソフトウェアーで、押し出し、回転、スイープ、ロフト オフセット、 などあらゆる要素を 駆使して3次元サーフェスモデル生成します。モックアップからの サーフェスモデル作成のほか、プレス成型品などのリバースエンジニアリングに有効 です。

 

  ATOS非接触光学式3次元デジタイタイザー           サーフェスモデリング