サーフェス面とソリッド面を交互しながらCADモデリングします。

ソリッドCAD、サーフェスとソリッドの組合せ

 

リバースエンジニアリングのモデリングは

基本的な幾何形状(プリミティブ)の組み合わせからなる形状は、ブーリアン演算等でソリッドでモデリングします。基本的な幾何形状に分解できない複雑な自由形状は、サーフェスでモデリングでモデリングします。さまざまな形状をパラメトリックなCAD モデルとして設計。

フィーチャ機能を用いてモデリング。

 

出力のデータ形式

パラソリット形式 x_b  x_t  ソリッド系のCADで使用可能。

STEP形式 CATIA等で利用可能。


  ATOS非接触光学式3次元デジタイタイザー           ソリッドモデリング
  

 

CAD作業フィーチャーは、図形を押し出したり、回転させる、押し出すことで形状を作成します。

押し出しフィーチャー
スキャンデータから形状ラインを抽出し、形状に厚みをつけることで立体形状を作成。


回転フィーチャー
スキャンデータから形状ラインを抽出し、その形状ラインを回転させることで立体形状を作成。


ブレンド(ロフト)フィーチャー
2つ以上のスキャンデータから得た形状を繋ぎ合わせることで立体を作成。


スイープフィーチャー
長さ方向の軌道に沿ってスキャンデータの断面を押し出して作成。滑らかに断面が繋がる形状を作成。

 

配置タイプのフィーチャー
スキャンデータから作成したCADモデルに丸みを付けたり、穴を開けたりして形状を作成。

 

フィレットフィーチャー
スキャンデータから作成したCADモデルの形状の角に丸みを付けて形状を作成。


面取りフィーチャー
スキャンデータから作成したCADモデルの形状に尖った角をある角度で削る、角を斜めに削って形状を作成。


シェルフィーチャー
一定の肉厚をもって形状を除去、プラスチック製品や板金製品等に一定の肉厚を付ける。

 

孔フィーチャー
スキャンデータから作成したCADモデルの形状に孔を開けます。