自由曲面のサーフェス作成について

自由曲線/自由曲面/ナーブスサーフェス

 

自由曲線とは

直線や円弧の集まりで構成された細かい連続線。

スキャンデータの自由曲線は、点群(ポイント)を結んだ細かい連続線です。

自由曲面は、自由曲線で作成した面。

 

ナーブスサーフェス

極めて滑らかな自由な曲線の生成の1 枚の面です。

複雑な形状ほど制御点が多くなりデータ量が増大し、CAD作業が円滑に進まない難点があります。

ソフトウェアーで自動で線を計算して作成する場合と、ポリゴンの上にラインを引き一枚づつ張り合わ せて作成する方法の2種類あります。

 

非接触光学式3次元デジタイタイザーで採取した点群データから生成されたポリゴンモデル上に自由曲面を数学的に表すには最適なNURBSサーフェスのネットワークをフィットさせます。作成されたNURBSサーフェスは、IGES、パラソリッド、STEP等でエクスポートされ、後工程の金型設計やCAD/CAM使用できます。

 

ATOSソフトウェアで、3D座標を高解像度の点群 (STL三角メッシュ) の形式で計算します。非接触光学式3次元デジタイタイザーで採取したポリゴンメッシュは自由曲面や形状を描き、形状/寸法解析のために図面または直接CADデーと比較することができます。CADデーとの偏差は、修正基準がすぐわかるようにカラー表示されます。