木型、倣い形、各種型の実物から製品モデルデータを作成

3DCAD化、3DCAD/CAM化、CAD製品モデル

 

 

実物からCADデータ作成

■プレス金型、試し打ちで、チューニングした金型のデータ取得、予備型の製作に利用。

■現在収蔵されている予備型の石膏型を三次元CAD化、データベースとして保存。

■CAD化することにより 管理や作業が容易になり省スペースで保存できます。

■CAD化のメリット. 管理や作業が容易になり、データの修正、変更が容易にできます。

 

金型を完成させるには職人技が必要になります。職人が何度も修正を重ねてようやく完成に至ることが多く 職人技術の結集で完成されます。工作機械が削り出した金型をしわやたるみが発生するのを防ぐためベテランの金型製作の職人技で金型に余肉付け、形状の削り等の微妙を勘と経験に基づいて修正を行われます。

 

ATOS非接触光学式3次元デジタイザを使用してリバースモデルを作成

金型製作においてCAD/CAMデータから切削工程を経て手作業で修正され完成します。出来上がった金型の完全なデジタイズは金型マスターの定義となります。このマスターにより、金型の変更の計画と製造が実現されます。加えて金型の複製が、問題なく可能となります。写真測量システムTRITOPを使用し、センサ・ユニットは異なるフリンジ・パターンを測定すべきオブジェクトに投影します。これらのパターンは2個のデジタル・カメラで撮影されます。光学イメージ方程式(校正)を基に、コンピュータは自動的に高精度でスキャンされたサーフェイスのそれぞれのカメラ・ピクセルから3次元座標を計算します。


非接触光学式3次元デジタイザ