型の実物形状をリバースエンジニアリングプロセスで各種変換します。

サーフェス、ソリッド、IGES、STEP,X_B、X_T

 

各種のデータ変換

実物形状を三次元CAD化、NC自動機での切削加工へ移行できます。

実物形状を三次元CAD化、拡大、縮小、回転、変形等ができ応用範囲が広がります。

リバスエンジニアリングのCADデータは、サーフェス系、ソリッド系の2種類データ出力できます。

 

データ変換の限界

三次元CADデータら二次元データの変換は、投影図、断面図になります。

自由形状の曲線、フレット等は円弧がないため、数値を見る場合は自由形状の面からモデリングが 必要になります。

金型用のデータは、自由形状の面を参照して、三次元CADのモデリングします。

 

  自由形状サーフエス    モデリングサーフェス       

          

 

モデリングされた3DCADモデルから断面図、部分拡大等が可能になります。

モデリングされた3DCADモデルから解析等のシュミレーションが可能になります。
モデリングされた3DCADモデルから寸法値、形状を変更ことができます。(自由曲面の変更不向)

モデリングされた3DCADソリッドモデルから体積、面積、重量測定等が可能になります。

モノ作りの設計現場は、2DCADから3DCADへと移行しつつあります。3D-CADは、あらゆる角度に回転させて取付け部品の干渉検証や位置確認が可能になり作業効率の向上を図ることができます。