三次元測定・三次元計測・三次元スキャンで取得した機構部分のデータは

三次元測定・三次元計測・三次元スキャン⇒サーフェスモデル作成⇒機構部のCAD作成

 

リバースエンジニアリングのサーフェスモデルから製品の機構部分を作成

1、測定の点群データから面を作成するため、ボス、ボア、リブ、フレット等も全て自由形状です。

2、自由形状のため、機構部分及び意匠面等で、数値でCADモデリングする必要があります。

3、面の延長で稜線出ししてフレットを作成、ボスの垂直修正、平面の修正などモデリングをします。

4、製品の変形・誤差を見る解析には自由形状の面でインスペクションすることがあります。

5、必要に応じたCADデータを作成します。

 

スキャンデータの寸法精度は50μ以内です。

ソリッド形状でCAD化します。

  

 

複数部品を組み合わせ、動きのあるメカニズムを持った集合部品の機構部品リバースエンジニアリング。 3Dスキャンから幾何情報の抽出を行い、CADの機構部品ソリッドモデルを構築します。 リバースモデルデータをベース化されて設計情報および図形などの視覚情報を基にコンピュータ内部で設計モデルを作成し,これに基づいて NC工作機械やロボットを制御して 生産工程を検証・解析・分析等が可能になります。