三次元測定・三次元計測・三次元スキャンで取得したデータからソリッドモデルを作成します。

三次元測定・三次元計測・三次元スキャン⇒サーフェスモデル作成⇒ソリッドモデル作成

 

リバースエンジニアリングのサーフェスモデルからソリッドモデルを作成

1、測定データは点群(ポイント)でランダムの3D形状になっています。

2、点群の編集、余剰点群の削除、点群の均一化等の処理作業を行います。

3、点群の3点を結びポリゴン面を作成。ポリゴン面は光造形で使用可能です。

4、ポリゴン面の上にラインを引きサーフェス面を作成します。

5、サーフェス面からCADモデリング(機構部分・フレット・平面など)でサーフェス面を完成します。

6、サーフェス面を閉じてソリッドモデルを作成。複雑な形状の場合、トリムが多い場合にはソリッドにな  らない場合があります。

7、ソリッドにならない場合はサーフェスモデルから造り直しします。

8、ソリッドの出力形式は、パラソリット、STEP、ソリットワークス等で出力します。

 

スキャンデータの寸法精度は50μ以内です。

ソリッド形状でCAD化します。

  

 

CADデータの3次元形状を数学モデルとして構築するソリッドモデル。内部が詰まったデータで集合演算等で細かなモデリングが可能です。押し出し」、回転、スイープ、ロフトといったCADでよく使用するツールを利用してリバースモデリングを作業を行います。CADデータがないモデルや製造工程で修正が加えられた現物モデルの3Dスキャンデータから、幾何形状や自由曲面などを自由かつ柔軟にリバースモデリングすることができます。3Dスキャンデータから設計変数を抽出して、リバースエンジニアリング作業で3次元スキャンデータ との許容誤差をリアルタイム分析機能して維持しながら、3次元スキャンデータから最適な基準座標系の自動抽出機能してリバースモデルを作成します。