三次元測定・三次元計測・三次元スキャンで取得したデータからサーフェスモデルを作成します。

三次元測定・三次元計測・三次元スキャン ⇒ CAD化 ⇒ CADサーフェス作成

 

リバースエンジニアリングのデータからサーフェス面を作成

1、測定データは点群(ポイント)でランダムの3D形状になっています。

2、点群の編集、余剰点群の削除、点群の均一化等の処理作業を行います。

3、点群の3点を結びポリゴン面を作成。ポリゴン面は光造形で使用可能です。

4、ポリゴン面の上にラインを引きサーフェス面を作成します。

5、サーフェス面からCADモデリング(機構部分・フレット・平面など)でサーフェス面を完成します。

 

スキャンデータの寸法精度は50μ以内です。

ソリッド形状でCAD化します。

 

 

 

現実に存在する製品や部品には、製作時の設計図がない場合があります。 再製作すには、現物から設計する、リバースエンジニアリングが必要になります。 また、設計図から作られる工業製品についても、加工の精度等で出来た物と設計図の間にはずれが発生します。物から設計図に相当するデータを作成するリバースエンジニアリング技術は重要な役割を持ちます。幾何変形、幾何形状、特徴線等等の抽出をソフトウェアーで幾何変形アルゴリズムで曲面上の特徴線を抽出します。 抽出したデータを基に3D-CADのモデリング方式でリバースモデルを作成します。