鋳型のリバースエンジニアリング

鋳型部品 ⇒ 三次元測定・三次元計測 ⇒ CAD化 ⇒ CADモデリング

 

鋳型のCAD化、よくある事例

1、再製作で図面ない場合に既製品からデータを取得しCAD/CAMで型を製作。

2、職人が作成した木型をCAD化、、CAD/CAMで型を製作。

3、職人が作成した倣い型をCAD化、CAD/CAMで中子の型を製作。

4、職人が作成した型をCAD化、データベース化して技術の伝承。

5、破損した型をCAD化、CADモデリングで修正、CAD/CAMで型を再製作。

 

光学式スキャンデータ
・寸法精度、50μ前後。
・可能な材質、自重で変形しないあらゆる材質に対応します。
・スキャン範囲、 スキャン範囲 75㎜~587㎜  連結スキャン、3次元CADで合成。

ソリッド形状でCAD化します。

 

 

 

発泡スチロール型などリバースエンジニアリングで3D-CAD化で設計することでデータとして保存 できます。かさばる型をデータ保存することで保管スペースが不要になります。航空機部品、自動車部品、造船部品、内装部品のインストルメントパッドのマスターモデルなどにリバースエンジニアリング技術が利用されます。

 

3次元データをもとに細かいピッチで粉体などを積層する積層造形法が注目されています。 従来方法の切削加工では不可能な複雑な形状の製作が可能で、マスターモデルの製作 として採用されています。