リバースエンジニアリングデータサービス

機械部品 ⇒ 三次元測定・三次元計測 ⇒ CAD化 ⇒ CADモデリング

 

機械部品のCAD化、よくある事例

1、破損した特殊な機械部品をCAD化、CADモデリングで破損部分を修正、CAD/CAMで製作。

2、調達に困難な特殊部品(海外製品、生産中止)をCAD化、CAD/CAMで製作。

3、職人が作成した部品をCAD化、CAD/CAMで量産体制。(手作り部品の3D-CAD化)

4、職人が作成した部品をCAD化、データベース化して技術の伝承。(職人の技を3D-CAD化)

5、図面ない場合に既製品からデータを取得しCAD/CAMで生産。(再製作・2ばん型)

 

光学式スキャンデータ
・寸法精度、50μ前後。
・可能な材質、自重で変形しないあらゆる材質に対応します。
・スキャン範囲、 スキャン範囲 75㎜~587㎜  連結スキャン、3次元CADで合成。

X線CTスキャン
・寸法精度、20μ前後。
・X線CT可能な材質、プラスチック、セラミックス、マグネシュウム、アルミニウム、スチール
・X線CTスキャン範囲、プラスチック、ゴム、樹脂類 250㎜×250㎜
・X線CTスキャン範囲、アルミニウム等軽金属  φ120㎜以下
・X線CTスキャン範囲、鋳造品,鋳鉄,スチール φ10㎜~20㎜以下

 

 

 

 

機械の設計に設計品質の向上や開発リードタイムの短縮を図るため開発に 3 次元 CAD の活用されています。 設計者は高精度化する機械装置の開発に3 次元 CADが用いります。周囲の部品との関係を確認しながら解析を繰り返し機構・構造や部品形状を具現化されます。