自動車部品の実物を三次元測定・三次元計測・三次元スキャンからCADモデリングします。

自動車部品 ⇒ 三次元測定・三次元計測 ⇒ CAD化 ⇒ CADモデリング

 

自動車部品のCAD化、よくある事例

1、倣い型、木型を、三次元CAD/CAMに移行してNC機械で製作。

2、倣い型、木型を、三次元CAD化してCADモデリングで変更修正。

3、倣い型、木型を、三次元CAD化してデータベースを作成、次の設計に役立てる。

4、既製品から形状データ取得して作成したCADデータを生産に利用。

5、既製品から形状データ取得して作成したCADデータを構造解析に利用。

6、図面ない場合に既製品からデータを取得し三次元CADを作成。

 

光学式スキャンデータ
・寸法精度、50μ前後。
・可能な材質、自重で変形しないあらゆる材質に対応します。
・スキャン範囲、 スキャン範囲 75㎜~587㎜  連結スキャン、3次元CADで合成。

X線CTスキャン
・寸法精度、20μ前後。
・X線CT可能な材質、プラスチック、セラミックス、マグネシュウム、アルミニウム、スチール
・X線CTスキャン範囲、プラスチック、ゴム、樹脂類 250㎜×250㎜
・X線CTスキャン範囲、アルミニウム等軽金属  φ120㎜以下
・X線CTスキャン範囲、鋳造品,鋳鉄,スチール φ10㎜~20㎜以下

 

 

 

国内の各自動車メーカーがCAD/CAMシステムの導入を開始したのは70年代から80年代前半とされています。 現在では、ネットワークやホストコンピュータに接続されてたオンラインによる自動車メーカー・部品メーカー間のCADデータ交換が本格化して います。

以前は実車を利用して車を壁に衝突させてエアバックが動作するかどうかを試験するなど、 実車を壊して実施されていました。自動車メーカー各社は,実車の試作以降で発生する問題、設計上の重大な欠陥が見つかり、設計段階からやり直す手戻りを少なくするために,CAD(Computer Aided Design)を使って部品の3次元デジタルデータで3次元形状を作成し,実社を作る前に見えない事物や現象を映像やグラフ・表などにして分かりやすくする可視化やシミュレーションする取り組みを進められています。