リバースエンジニアリングのソリッドデータル出力について。

三次元測定測定機・計測機

実物形状測定 ⇒ CADサーフェス面作成 ⇒ ソリッドデータ作成 ⇒ ソリッド出力

 

ファイルの種類

パラソリッドデータ形式  X_T (x_t)  X_B(x_b)   STEP(stp)

 

ソリッドデータ作成

リバースエンジニアりングのCADモデリングはサーフェスで作成します。

サーフェスモデルからソリッドデータを作成し、ソリlドデータで出力します。

CATIAはSTEP形式、ソリットワークスはパラソリット形式が相性が良いです。

 

パラソリッドは、シーメンス PLM ソフトウェア社で開発された、ソリッドの形状処理(3D形状の幾何計算)の核となる要素のモデリング・カーネルです。変換精度は他のCADよりも高いのが特長です。日本国内で導入されている3 次元CADソフトウェアのライセンスのうち、およそ半数がParasolidカーネルを採用されています。