試作モデルのリバースエンジニアリング

試作モデル ⇒ 3Dスキャン ⇒ 実物をCAD化のデータサービス

 

試作モデル

修正された試作モデルをCAD化し、CAD/CAM編集から生産体制に移行できます。

製品をCADデータ化、再現精度0.05範囲。

スキャンデータ参照して三次元のCADモデリングします。

ソリット形状でデータ出力します。(サーフェス又はパラソリット)

樹脂試作モデル・光造型試作モデル・RP試作モデル・ワーキングモデル etc.

  

   光造形試作品     ウレタン試作品     紙層試作品     シリコン試作品

    

 

NC旋盤やマシニングセンターで削り出して造形する切削試作。光の紫外線に反応する材料を用いて、紫外線レーザーで硬化させ、層を少しづつ積み重ねていくことで精密な立体物を作成する光造形試作。シリコンを金型の代わりにして、真空中でその型に対して樹脂を流し込み、部品を製作真空注型試作。金属の板金をプレス機械や各種機械で穴あけ、曲げ、切断、の加工を施して製品成形する板金試作。試作品から量産体制に移行する場合のリバースエンジニアリング技術が用いられています。

 

3次元CADで作成したデータをもとに、3次元のモノを造り出す3Dプリンターが話題になっています。 モノづく りの現場に革命を起こす技術とさえ言われております。3Dプリンターは、米国で1980年代に登場し、自動車や航空機などの試作品づくりに使われています。金型ナシで精巧なモノをつくることができる3Dプリンター、製作時間もコストも大幅に縮小できると期待されています。