デザインモデルのリバースエンジニアリング

デザインモデル ⇒ 3Dスキャン ⇒ 実物をCAD化のデータサービス

 

デザイン検討モデル

デザインナーが作成した粘土、木型等のモデルをCAD化します。(モックアップ)

スキャンデータから 三次元CADデータ作成、CAD/CAMに移行できます。

3Dプリンター、3D造形機、3D光造形で試作及びNC機械で切削加工できます。

製品をCADデータ化、再現精度カメラ式0.05範囲。X線CTスキャン0.01範囲。

3Dソリット形状でデータ出力します。(3Dサーフェス又は3Dパラソリット)

3Dデザインモデル、 3Dワーキングモデル、3D実装モデル。
実物モデルによる握りやすさの検証及び機能性の追求で完成した3D工業モデル etc.

 

    

 

デザインモデルは3DCADで形状確認やモックアップでボリュームの確認、意匠など、製品を量産される前段階で、デザインを検証するためにのモデルです。あらゆる製品にデザイン性の検証は欠かせない工程になります。デザインモデルは、2D/3D-CADや造形装置を用いたクレイモデリング、ポリゴンデータを用いたバーチャルなモデリングなどがあります。これらのモデルを 量産体制に移行する場合は3DのCAD化が必要になります。CAD化にはリバースエンジニアリング技術の利用が用いられています。