リバースエンジニアリング,既製品をデジタル化|3Dスキャン,3D測定,3D計測|実物をCAD化,現物からCADモデリング|

既製品からのCAD製品モデル作成について

 

測定データに忠実なCADデータ

測定された点群をつなぎCAD面を作成します。(再現精度0.05範囲)

成型時の変形などそのままCAD面になります。

解析などの形状評価に向いていますが、金型用の製品モデルには修正が必要です。

 

測定データからのCADモデリング

点群から作成したCAD面を参照してCADモデリングします。

変形、歪みなどの修正、平面・垂直・R・円・角・フレットなどは数値入力で定義をします。

金型用のCAD製品モデルとして利用できます。

変形を修正するため、構造解析、形状評価などには不向きになります。

 

以前に製造された製品の再製作に多いケースとして、図面やCADデータがなく、金型の再製作が出来ない場合、実物をスキャンして3D-CADデータを生成する、リバースエンジニアリングデータサービスがあります。最近では製品を X線CT装置の利用も多くなりました。対象物を壊したり切断したりすることなく、製品透過データを得ることのできるX線CTの利用を利用されます。製品の内部検査や、X線CTデータをCADデータのポリゴン面、サーフェス面を作成することで、内部形状の リバースモデルの作成が可能です。