リバースエンジニアリング,スキャンからソリッド作成|3Dスキャン,3D測定,3D計測|実物をCAD化,現物からCADモデリング|

解析用ソリッドモデルの作成方法

 

ソリッドモデルの作成

1、実物の製品を3Dスキャンし数値化します。(非接触カメラ式 or X線CTスキャン)

2、取得した形状データ(ポイント)を結びポリゴン面を作成。(三角メッシュ)

3、ポリゴン面の上にサーフェスを作成。(四角メッシュ)

4、サーフェスを閉じてソリッドを作成し、中身の詰まった固体のデータにします。

5、データの出力形式    パラソリッド(x_b)    STEP(stp)

 

ソリッドモデリングは、平面、円柱、円錐、球などの数式により定義された単純な数式で定義できる 形状のプリミティブを集合演により組み合わせてモデリングします。 CADモデリングする際の距離や接続条件や形状の特色、特質、機能、特徴づけるフィーチャなど 行っ た手順を履歴として保存しながら行うパラメトリック・モデリングとも呼ばれています。