リバースエンジニアリング技術,ソリッドデータを作成|3Dスキャン,3D測定,3D計測|実物をCAD化,現物からCADモデリング|

ソリッドモデルとは

 

ソリッドモデル

ソリッドモデルは、中身の詰まったモデルです。

CAD上で使われる立体表現の一つで立体面の集合体の三次元CADデータです。

物体の体積や重さ、重心を求めたり、断面を表示したりすることができる。

工業製品の設計や、学術研究などの分野で使われることの多い手法です。

 

 

ソリッドモデルは、頂点、稜線、面および質量の情報をもち、実際の対象物に最も近い形状を表現します。ソリッドモデルの立体認識は立体を取り巻く面の曲面構成した面に直角に通る線の法線方向から参照される内外の認識でそれらに囲われた空間を立体と認識します。 立体認識のためにそれぞれの面-面間の交差線が演算され、不要な部分の面はトリムされます。そのため複雑な形状にはソリッドデータは不向きになります。