リバースエンジニアリング,自由曲線からサーフェス面|3Dスキャン,3D測定,3D計測|実物をCAD化,現物からCADモデリング|

解析用サーフェス面

 

サーフェスの構成

縦糸横糸を連想させるUとVという方向性のある構造アイソラインの面(ナーブス面)

すべての面が繋がっていて稜線のない面(自由局面)

ポイントデータに忠実のため、形状の細かい変化も追随して作成されます。

ポイントデータからの面のため制御点を多くすると容量は多くなります。

ポイントデータからの面のため構造解析などに適しています。

  

 

自由曲線からなる滑らかなサーフェスをモデリングするもっとも一般的な方法は、BスプラインやNURBSなどの 双3次曲面をつなぎ合わせて作成します。滑らかな自由度の高いサーフェスを得られますが、データの容量がおおくなります。そのためパソコン上の編集作業が重くなります。複雑で負荷の高い計算が必要になります。リバースもでるは、実物モデルを測定した点群データににフィットさせて適切な面データを作成します。