リバースエンジニアリング,解析用CAD作成|3Dスキャン,3D測定,3D計測|実物をCAD化,現物からCADモデリング|

サーフェスモデルとは

 

サーフェスモデル

複数の座標点で描画して面をはる3次元CADやコンピュータグラフィックで扱う立体表現形式の1つです。面を張ることで立体形状を表現するため、中身を表す幾何情報は空なので体積や重量、重心などの情報は持たせることができない。ソリッドモデルと比べると情報が簡易でありデータ容量が少ない。CAD/CAM対応しNCデータを作成することができる。工業モデル、意匠デザインなどの分野でよく用いられる。

ポリゴン面の上に、四辺形で構成された面を作成

四辺形で構成が不可能の場所はトリムを使用して作成

滑らかな曲面を生成することができます。

 

目的に応じたサーフェス

解析用、ポイントデータをつなぎ面を作成、そのため全体が繋がった面になります。ポイントデータからの面形状のため現物との誤差は少ないため解析に適しています。

 

製品モデル用 解析用のサーフェスを参照して三次元CADでモデリングします。平面定義、フィチャ定義、フレット、等はモデリング機能でCADモデリングします。