リバースエンジニアリング,解析用CAD作成|3Dスキャン,3D測定,3D計測|実物をCAD化,現物からCADモデリング|

HOME測定機・計測機

サーフェスモデルとは

 

サーフェスモデル

複数の座標点で描画して面をはる3次元CADやコンピュータグラフィックで扱う立体表現形式の1つです。
メッシュを張ることで立体形状を表現するため、中身を表す幾何情報は空で体積や重量、重心などの情報を
持たせることができない。サーフェスはソリッドモデルと比べると情報が簡易でありデータ容量が少ない。

CAD/CAM対応しNCデータを作成することができる。工業モデル、意匠デザインなどの分野でよく用い
られる。リバースエンジニアリングでは、3Dスキャンで採取した点群データを元に特徴線などを抽出して
ラインの編集、ワイヤーフレーム、回転コピー、押出し、などのモデリング機能でメッシュを作成します。

ポリゴンメッシュの上に、四辺形で構成されたメッシュ面を作成。四辺形で構成が不可能の場所は、トリム
を等の編集で作成。自由曲線の滑らかなナーブスメッシュ生成し3D-CADデータにすることができます。

 

目的に応じたサーフェス

<解析用>ポイントデータを自動で、つないでメッシュ作成、全体が小さい面が、繋がった面になります。
ポイントデータからの面形状のため、現物との誤差は少ないため、製品解析や形状検査に適しています。

 

<製品モデル用>ポイントデータから特徴線などを抽出して、ラインやワイヤフレームを作成し、3D-CAD
のモデリング機能でCADモデリングします。垂直、水平、左右対象、フレット、ボア、ボス等正確に作成。