リバースエンジニアリング,フィギアモデルをCAD化|3Dスキャン,3D測定,3D計測|実物をCAD化,現物からCADモデリング|

フィギュアモデルのCAD化の内容

 


フィギュアモデルからCADデータ作成

1、原型師が手作りで作成したモデルを3Dスキャンで、三次元データ取得

2、三次元のポイントデータを結び仮の面を作成(ポリゴン面)。出力フォマット形式 stl

3、仮の面の上にラインを引きサーフェス面を作成。出力フォマット形式 igs

4、ソリット系のCADでも使用できます。パラソリット出力 X_T X_B

5,原型をデータベース化することにより、効率よい製作ができます。

■スキャンデータの寸法精度は50μ以内です。

■全体をスキャンしてパーツ別にデータ化します。

 

ATOS非接触式光学式3次元スキャンで現物より表面形状データを採取

  

 

プランナーな企画した案にしたがって、原型師が手作業で原型を基に、シリコンで作った型にレジンキャストという物を流し込んで複製、シリコーンゴム型にPVC(ポリ塩化ビニール)やABS樹脂製にして量産する場合は金型を作成、原型を基に金型を作り大量生産されます。最近ではパソコンを使ってデータで制作するものが多くなっています。