製品の構成要素を細かく理論的に調べる製品解析。

HOME用語集

製品の生産コスト、耐久性等の製品解析

製品解析 

製品設計や規制、商品などの供給者、商品製造業者等の頻繁な変更に遅れなく対応するために製品のデータ管理が重要。

物事を分析し構成要素を細かく理論的に調べることによって、その本質を明らかにする。

製品や構造物の変形や応力の状態を定量的に把握し分析解析。解析ソフトによる計算されます。

構造解析・・・構造物の材質や形状、組み合わせ方を解明し、想定される負荷をかけたときに変形や破損、倒壊しないかを調べる。

多変量解析・・・複数の結果変数からなる多変量データを統計的に扱う手法。変数間の相互関連を分析する統計的技法。

静的解析・・・建物がどのくらいの水平方向力(保有水平耐力)に耐えられるのかを算出するもの。

動的解析・・・地震波形を使ってのシミュレーション解析のことで、建物にどのくらいの水平力が生じるのか応答せん断力等を算出。

固有値解析・・・構造が持っている振動的特性を求める解析手法。振動数で振動する特性があり、その周波数を 固有振動数と呼ぶ。

 

<前のページへ戻る>