ブーリアン演算はCADモデリングにおいて形状データどうしで、足し算や引き算が行える機能で、箱に穴を開たり、付け加えたりする場合に使います。

HOME用語集

ひとつの塊に合成する(和)、干渉部分を削り取る(差)、干渉部分だけを取り出す(積)

ブーリアン演算 

演算は、数値の大小を比較する比較演算、論理演算などで計算処理を行うことをいいます。

ブーリアン演算は、3DコンピュータグラフィツクスやCADで体積を持つ形状同士の積、和、差の集合演算でモデリングする方法です。

イギルスの数学者が考案した。0、1、の2個の値で表す、考案者の名前からきたブール値を用いた和、積の論理計算方式です。

ソフトウェアーのプログラミングでは、真の値を1、偽りの値を0、に対応させて、1か0で表せるビットの最小単位で演算を行います。

 

     ブーリアン演算 和          ブーリアン演算 差               ブーリアン演算 積

 

3DCADのソフトウェアの中でブーリアン演算機能を使い3Dのソリッドモデルを作成します。

<前のページへ戻る>