画像を電気信号に変換する際の電荷結合素子CCDについて

HOME用語集

電極結合素子は光を電荷に変換する半導体の一種

CCD 

CCDはcharge coupled device、電荷結合素子のことです。

半導体の上に絶縁体を介して電極を多数配列させたものです。電極にあるパターンの駆動電圧を印加すると、半導体に蓄積された電荷を移動させることができます。

ホトダイオードが光を電荷に変換してCCDセンサーは画素ごとの電荷を取り出して画像情報をして送り出します。

一枚のCCD上に光を受ける素子がびっしりと敷きつめられている。一粒の受光素子が光を受け、それを電荷として信号化している。

CCDの粒が、いくつ存在するかが画素数なる。 同じものを描くときに、より多い画素で描写するほうがきれいに形を描写できる。

CCDイメージセンサは、他の半導体集積回路と同様にシリコンウェハーから製造します。

 

   

 

<前のページへ戻る>