3DCAD(3次元CAD)とは

HOME用語集

立体物のデータをX軸、Y軸、Z軸で表現するものを3DCADといいます。

3D・CAD 

CADとは、コンピュータを用いて設計をすることを言います。2D(2次元)CADと3D(3次元)がありそれぞれの専用ソフトウェアーで作成します。

3D・CADは主に金型作成などに使用します。XYZの空間にラインを引き回転、引き出し、などのコマンドを使い立体的に作図する。

従来は2次元CADが中心であり、紙図面を見ながら金型製作をしていましたが、最近はのNC(数値制御機械)の普及により、3DCADから3DC AMへの工程が主流になり、一部オペレータ不足の声も聞かれています。

3D・CADの特徴は、設計の段階でコンピュータの内部に作成したCADモデルデータから、製品の解析・処理することができ、未然に不良、不具合の発見などの有効活用ができる。

3D・CADデータは、それぞれの専用ソフトウェアーにて、拡大、縮小、回転、変形、コピーなどの編集が容易にできて、これらの機能を使いこな すことで正確で早く、効率よくデータ作成ができる。またソフトウェアー間で共通ファマットにより互換性もてれてデータの往来ができる。

 

    

 

<前のページへ戻る>