リバースエンジニアリング技術,ポリゴン面生成

点群からポリゴン面を作成の内容

 

ポリゴン                           

1、点群のポイントを三角形でつなぎ、三角面で構成された面をポリゴン面作成します。

2、表面形状は三角面のため多少の凸凹が出ます。スムージングで調整します。

3、ポリゴンデータは3Dプリンターや光造形等で利用できます。

4、ポリゴンデータで、基図との形状偏差の確認ができます。(インスペクション)

5、ポリゴンデータから加工パス(Gコード)作成が可能です。  

  

辺と頂点を結んで面が作成されます。

     

ポリゴンモデルに基づいた造形機、CAF分野にスキャンデータの活用。高品質曲面データ作成のための高度な曲面モデル。メッシュデータ作成の精巧なメッシュ修正。設計特徴形状抽出。ポリゴンデータは3次元面を構成する三角形の要素です。ポリゴンの数が多いほど細かい形状を表現できるが、その分コンピュータの処理が増える。3次元CAD編集ではいかにポリゴンを少なくしてコンピュータの処理を軽くして詳細な形状を表現するかといったことが課題になります。

 

    <ポリゴン面について>