リバースエンジニアリング技術,ポイントデータ

点群(ポイントデータ)の編集内容

 

点群                           

1、スキャンデータはポイントの集合体、点群データになります。三次元の空間に存在する座標値。

2、効率よい点群データにするため、余剰点、ノイズ点を除去します。(専用ソフトウェアーで編集)

3、曲率部分はデータ量多く、単形状部分は少なくなります。製品の測定で採取した三次元データ。

3次元の空間にある測定のポイント点を3次元測定機を利用して表面形状を測定して採取した3次元の座標点の集まりです。3次元測定機で得られた点群を表示させ、2つの点群データの合成や、点群の間引きなどの編集機能に加え、 基準データと点群データの比較を行いカラーマッピングで表示することもできます。 点群からポリゴンデータへの変換します。

測定で採取した点群は、製品の3次元CADモデル作成や測定による製品の品質管理、見えないなどにして分かりやすくす可視化処理で見える化を実現させます。 製品の使用者の要望に応えるカスタムメイドやオーダーメード の特徴を、大量生産の骨格となる発想や観点を取り入れながら低コストで実現されています。

点群はイメージを表示する機能のプレビューできますがが、そのデータ形式のままでは3次元CADの処理には適さないことが多い。点群から面形式に変換し、ポリゴン、不整三角網のメッシュ、NURBS曲面、CADモデルなどとして全てのCADで使用できます。3Dスキャン技術で測定された物理的な製品データから3次元のパラメータ化されたCADモデリング用データ。3Dスキャンデータら設計変数を抽出。3DスキャンデータからCADモデリングのための最適な基準座標系を抽出。一般のCADモデリングと同じ作業方式でモデリグ。

 

 

  <点群データとは>